2016年08月31日

エニグマ 14人の登場人物

今回のチラシは、エルガーのエニグマ変奏曲に登場する14人のシルエットをデザインしてみました。

イギリスの作曲家サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(1857–1934)は、47歳でイギリス準男爵に叙されたほどの国民的大作曲家となりましたが、作曲家として身を立てるまでには時間がかかったようです。29歳で8歳上のキャロライン・アリス・ロバーツと出会い、3年後に結婚。彼女の献身的な支援によって徐々に名声は高まり、42歳のときに作曲したこのエニグマ変奏曲でその地位を不動のものとしました。

 ある日、エルガーの弾く旋律に耳を止めたアリス。彼女を喜ばせようと、友人たちの特徴を捉えて肖像画を描くようにその旋律を変奏させていきました。それぞれの変奏曲にはイニシャルが付いています。エニグマはギリシャ語で「謎解き」という意味がありますが、「どの曲が誰なのか?」、作品発表当時は皆がこの楽しい謎解きに夢中になったことでしょうね。

37leaflet-2.jpg

1. C.A.E.(キャロライン・アリス・エルガー)
エルガーの愛妻。10年以上連れ添った夫婦なのに、メランコリックで情熱的な曲調を不思議に思いましたが、出会ったばかりのアリスの印象と聞いて合点がいきました。恋に落ちた作曲家のせつない心情を垣間見るようです。ちなみに、かの有名な「愛の挨拶」は婚約の記念にアリスに贈った曲です。

2. H.D.S-P.(ヒュー・デイヴィッド・ステュアート=パウエル)
エルガーとよく室内楽を演奏したピアニスト。彼のウォーミングアップを真似しています。まさに腕自慢の指ならし!

3. R.B.T.(リチャード・バクスター・タウンゼンド)
アマチュア劇団で個性的な役を務める俳優。低い声から高い声まで自在に声色を変えることが得意だったそうで、その特徴が曲にもよく表れています。

4. W.M.B.(ウィリアム・ミース・ベイカー)
ワーグナー好きの軍人。軍隊調の大声で喋り、威圧的で横柄な態度を取ることが多かったようです。「彼がドアを開けて出て行くところにそっくりだわ!」。

5. R.P.A.(リチャード・P・アーノルド)
大詩人マシュー・アーノルドの息子でピアニスト。真面目な会話の間にユーモラスな話を織り交ぜる癖があったそう。そういう人、けっこういますね(^_^;)

6. Ysobel(イソベル)
エルガーの弟子。ヴァイオリンの生徒でしたが、ありふれているという理由でヴィオラに乗り換えました。冒頭の旋律はエルガー先生が彼女に課した練習曲だそうです。

7. Troyte(トロイト)
建築家。いまだに現存する作品が数ありますが、特筆すべきはエルガーとアリスの眠る墓石でしょう。エルガーとの友情は、エルガーが亡くなるまで続いたそうです。ピアノが好きでエルガーに習いますが、なかなか上手くいかず癇癪を起こし、最後は大喧嘩になってしまう様子が描かれています。

8. W.N.(ウィニフレッド・ノーベリー)
ウースターフィルハーモニーの事務員。明るくのんびりとした性格と、彼女の住む18世紀に建てられた館「シェリッジ」を表した優しい曲に仕上がっています。

9. Nimrod(ニムロッド)
楽譜出版社に勤めるドイツ生まれのアウグスト・イェーガー。ニムロッドは旧約聖書に登場する狩猟者のことで、イェーガー(ドイツ語で狩人)とかけたようです。作曲家として悩むエルガーに、難聴で苦しんだベートーヴェンと、そのピアノソナタ「悲愴」について語り、スランプから救いました。ピアノソナタ第2楽章の響きをもとにした荘厳な音楽。「君の清く正しく愛すべく誠実な魂を描いた」。

10. Dorabella(ドラベッラ)
きれいなドラ。エルガー夫妻が可愛がった近所に住む少女、ドーラ・ペニーの愛称。のちにパウエル(第2変奏)の夫人となります。

11. G.R.S.(ジョージ・ロバートソン・シンクレア)
ヘリフォード大聖堂のオルガニスト。彼の愛犬ブルドッグのダンは、ある日、散歩の途中でワイ川に落ちてしまいます! ダンは流れに逆らって必死に泳ぎ、やっとのことで岸にたどり着くことができました!

12. B.G.N.(ベイジル・G・ネヴィンソン)
著名なチェリスト。エルガーとパウエル(第2変奏)とはトリオを組んで演奏していました。チェロのソロによる滋味深い旋律は、後年作曲されたチェロ協奏曲を思い起こさせます。

13. * * *
謎の人物。何人かの女性が候補にあがっていますが、明らかになっていません。エルガーはたいへんな愛妻家といわれているけれど、愛したのは妻だけではなかった? この曲に、しかもロマンツァなんて題名を付けて、しかもこの順番で謎の女性を持ってくるなんて……。でも、忘れがたい、秘めた想いは誰の心の中にも残っているのかもしれません。

14. E.D.U.(エドゥー)
作曲家自身。エドゥーはアリス夫人がエルガーを呼ぶときの愛称。アリス(第1変奏)とニムロッド(第9変奏)が再び現れるのは、二人への深い感謝の印でしょう。愛と友情と自信に満ちたフィナーレは、フルオーケストラの響きとともに壮大に締めくくられます。

posted by brokat at 16:43| Comment(0) | 演奏会の聴きどころ

2016年08月01日

団員の練習会日記 Vol.235-2016年7月18日

今日は午後から高弦分奏、そして休憩を挟み、夜は弦分奏で松田先生に指導していただきました。

弦分奏は、午後のハイドン1-3楽章に引き続き、ハイドン4楽章から始まりました。

冒頭部分の弾き方に関してのアドヴァイス、「こぼれ落ちるふりかけの如く」。ベタベタしてごはんにくっついても、ダンゴになってもいけないとのこと。皆の想像力が試されているようです。さらに、「留まらず、フレーズを意識し、方向性をもって演奏し、綺麗なアンサンブルが出来るように」イメージは出来ました。なかなか大変で、意識すると余計な力がはいってしまったり、パートごとの受継ぎがぎこちなかったりもしましたが、パート別に何度か練習しているうちに少しづつ、ふりかけらしくなって、アンサンブルも次第にまとまってきました。

さらに、「ミニチュアのお寿司の如く。具体的にはイクラのおすしのミニチュアを作った時のとびっこがのっているもの。あるいは、お米。黒い模様?とよく見たら般若心経が書かれている米つぶのイメージで」「キュウリの千切りのような部分も単なる千切りではなく、リズミカルにメロディが見えるように」ハイドンは職人芸を極めるつもりで取り組むべし、という事のようです。もっとも、全ての曲に言える事基本的な事ではあるのですが、ハイドンは特に、弓の重量、位置、長さ、音色など全において細心の注意を払いながら演奏するために分解しながらの練習は充実したものになりました。

続いてエルガーのエニグマ。こちらはすでに合宿、分奏でかなり練習をしてきているのですがそれでも克服できていない難所があります。先生のコメントを聴くと、ここは難しいと思っていたが、実は勘違いで実はそうでもなかったのではないか、練習してみよう、と思えるところが出てくるのが不思議です。

夜9時45分まで長時間たっぷりの練習、楽しい練習時間をすごすことができ、身に付けた事を忘れずに本番につなげて行かれると良いです。



次回の担当はViolin 松井さんです。

Vn Ogawa

posted by brokat at 09:27| Comment(0) | 練習日記