2017年03月27日

団員の練習会日記 Vol.237-2017年3月19日

17439634_1452794611454914_1906658404_n.jpg 17495410_1452794614788247_1387751704_n.jpg

昨日から9月に向けての練習がスタートしました。
今回は
前プロ グリーグ/「ペールギュント」抜粋
中プロ ニールセン/フルート協奏曲
メイン  チャイコフスキー/交響曲第4番 ヘ短調
になります。

前プロのグリーグは第1組曲と第2組曲とを聴きやすい様に順番を入れ替えております。合奏が始まるとどれも聴いたなぁって曲ばかりです。しかしこういう曲こそちゃんと仕上げないと「あ、違う!」ってなるんですよね。

さて、今回いちばん大変と思われるニールセンです。これはどんどん慣れてゆくしか無いと思います。また、どこのパートもけっこう難しくこれは先行きが・・・そして編成が面白い!弦5部、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンの2管編成にバストロンボーンとティンパニ!これは初めての面白い編成ですね。合奏が始まると、皆さん難しいって分かっていたせいかある程度予習は出来ている模様。細かい所は仕方ないにしてもすぐに行方不明になったりとかは無いです。そして随所にニールセンが好んで使用する心を持って行かれる美しい3連符のハーモニー。私のパートも音量を気をつけてフォルテのテンションをきちんと合わせると浮くことなくしっかりはまります。しっかし皆様相当難しい事していますね。実は私もフルートと掛け合いがございまして、これが相当目立つのです。ですのでかなり予習を致しました。ですが、初回練習はもういや!ってくらい吹けず、この先が不安で逃げたいくらいです。これは特訓しかありません。そして次回に臨みたいと決意致しました。

そしてメインのチャイコフスキーです。この曲をやるのは高校生の時アマチュアオーケストラに乗って以来ですので10年ぶりですか(ウソです30年です)今になって考えてみると高校の頃は曲を覚えて譜面の音だけで吹いていましたので1楽章の難しさが分かりませんでしたが、昨日はきちんと譜面のとおり吹いてみましたがなるほどこれは難しい!チャイコフスキーの作品は最近思ったのが譜面の指示どおり吹けばアホみたく吹かなくても音は飛ぶし雰囲気出るなと。先生の話の中でもN響がスヴェトラーノフとチャイ4をやったとき、2楽章は淡々と演奏するとロシアの風景が見えてくるとおっしゃられたそうです。なるほどなと思いました。また、1楽章から全開で演奏したらもっとエレガントにともおっしゃられたそうです。とは言っても4楽章終盤はアクセル全開のコントロールできるぎりぎり暴走寸前ですけどね。しかし同様の事は5番でも感じました。チャイコフスキーは音量ばかみたく出さなくても大きく聴こえるんだと。

次回からそれぞれ楽しみです!

さて、次は私にとってとてもとても大切な人。この人あっての私!チューバのこばちゃんです!

トロンボーン コナリー

posted by brokat at 11:58| Comment(0) | 練習日記