2018年01月28日

団員の練習会日記 Vol.249-2018年1月14日

IMG_8350.jpg

『いい印象の演奏とは、聴こえてくる音が感情的に聴こえてくる。感情的とは興奮だけでなく、哲学的であったり安堵感であったり様々な感情を音に乗せてみてほしい』

本番まで今日を含めてあと3回となった練習で私が心に響いた先生の言葉です。クープランの墓の練習が始まる際にお話になられたのですが、自分が楽器を吹くとき、このフレーズは硬い音ではっきりと!ここはやわらかいニュアンスで包みこむようになど、感覚で音を作ることはあったと思いますが、感覚だけに留まらないもっと強い意思を持って音を奏でることは今まで考えたことがなかったので、その言葉がとても新鮮に響きました。

練習日記でこれまでの方が書かれているように今回のタームは、ゆっくりのテンポでしっかりと自分の音と向き合う練習をしてきました。クラリネットは優れた楽器で穴を指を塞げは大体の音程でそれなりの音がでますが、そこには大きな落とし穴があり、何気なく吹いていると顔なしのような表情のない音になることがしばしば。。かなりの意思を持ってど真ん中の音程にはいらなくてはなりません。その上で感情を音に乗せるのは至難の技です。

ただ、今日のクープランの墓のメヌエットの練習ではオーボエの素晴らしいメロディを聴いていると、途中からそのメロディに加わる自分はその音から影響を受け、自然にやわらかな音が奏でられました。そこには、きっと出したい音が明確で強い意思が働いていたからかと思われます。

演奏会まで残り僅かなりました。
おされなフランスものを彩り豊かな音で、演奏から感情が伝わるよう、強い意思と集中力で臨みたいと思います。

次回の練習日記はトロンボーンの落合さんですメロディ

クラリネット 木原
posted by brokat at 14:08| Comment(0) | 練習日記

2018年01月12日

団員の練習会日記 Vol.248-2017年1月7日

1/07は年明け最初の練習でした。曲は、全曲(フランクは2,3楽章のみ)でした。
演奏会まで1ヶ月を切ったこともあり、これからの合奏練習は毎回全曲の予定です。

この日の練習では冒頭に、音程、音の長さ、リズム、ダイナミックス等楽譜に書かれていること以外の意味を自身の音に持たせるようにという指示がありました。
今回のタームの練習の中では、「エスプレッシーヴォしきった一音の集合体として1フレーズを成す」「自分の出す一音を見つめきって」ということが繰り返し言われていますが、それと繋がっていることだと思われます。

まずは、ゆっくりとしたテンポでローマの謝肉祭のAllegro vivace以降を通しました。
その後、音を出す上でのアプローチとして「音にエッジがあるかないか」という点を意識するようにという言葉がありました。
音のエッジに関しては、アーティキュレーション記号や発想記号等がヒントにはなりますが、記号とエッジの関係が常に規則的というわけではありません。また特に記号の指定のない音符もあります。
各音にどのようなエッジを付けるかはプレイヤーが意図を持って選択する必要があります。
そのことを意識しながら吹いてみましたが、うまくできたこともあれば、そうでないときも...
きちんと意識するには、演奏することに相応の余裕が必要です。また、意識できたとしてそれを思ったように音にする技能も必要です。
残りの練習回数は少なくなってきましたが、少しでも多くの意味のある音が出せるようにしてきたいと思います。

次回の日記担当はクラリネットの木原さんです。

クラリネット 田中
posted by brokat at 08:04| Comment(0) | 練習日記