2018年11月16日

団員の練習会日記 Vol.264-2018年11月11日

Cb 新井です。
今回の練習は前半モーツァルト、後半マーラーの順番でした。
モーツァルトは今回が初合奏だったので、各楽章ごとに一度通して演奏をしました。流石に連符が多く、非常に難しい。きちんと演奏しないと軽快さが失われてしまうので、きちんと練習をしなくてはと感じました。
マーラーは非常に重厚な音楽のため、強弱を意識しつつ演奏しました。前回一度通したので、ついていくことはできましたが、まだまだ練習が必要だと感じました。

今回はどちらも初挑戦の曲なので、気合いを入れて頑張りたいと思います。

次回練習日誌はVc飯塚さんです。
posted by brokat at 09:55| Comment(0) | 練習日記

2018年11月04日

団員の練習会日記 Vol.263-2018年10月14日

第42回定期演奏会に向けた合奏が始まりました.ブロカートフィルハーモニー管弦楽団創立30周年記念演奏会の1つ目となるこの演奏会の曲目は,モーツァルトの交響曲第31番「パリ」とマーラーの交響曲第1番「巨人」.私はマーラーの交響曲1番が好きなのでやる気は十分なのですが,非常に難しい曲のため正直不安でいっぱいです...

そんなマーラーですが,初合奏では時間全てを使って合奏を行いました.各パート探り探りの状態でしたが,まずは全ての楽章を一通り通しました.
合奏中,先生は「まずは楽譜の通り弾いてください」ということを仰っていました.この言葉は今回の練習に限らず,過去の演奏会の練習の時から言われています.以前自分で書いた練習日記の時もこの言葉のことについて書いてました.頭では理解しているつもりなのですが,楽譜の理解不足や演奏技術不足で結局できておらず,耳が痛いご指摘です.
符点の長さ,休符,音程など,最も基本的な部分ですが,これができなければオケ全体でのアンサンブルはできません.一つのフレーズの中で自分のパートの立ち位置はどうなっているのか,ほかのパートがどのようなフレーズを演奏しているか,そしてオケ全体のアンサンブルはお客さんにどのように聞こえているか.オーケストラ全体の演奏をより良いものにするためには,まずは楽譜の通り正確に弾くことができてこそだと思います.
私自身,まだまだ楽譜の通りに弾くことすら四苦八苦していますが,まずは音符一つ一つを正確に把握し,練習・合奏を重ねていきたいと思います.

次回はコントラバスパートの新井くんです.

2nd Vn:柏
posted by brokat at 18:35| Comment(0) | 練習日記