2019年03月30日

団員の練習会日記 Vol.272-2019年3月17日

久しぶりに練習日記の当番が回ってきました。
今回の日記を担当する打楽器の尾畑です。

いよいよ、本番まで残り一か月を切りました。
本日の練習は、吉川先生のほかに、Vn.の白井先生と、打楽器の植松先生を
お招きしての練習となりました。

吉川先生が遅れて来られる関係で、モーツァルトの1楽章は白井先生に指揮をして頂き、
その後は吉川先生にバトンタッチです。

今日は前半にモーツァルト、後半にマーラーの練習を行いました。

自分はモーツァルトでティンパニを演奏するのですが、
植松先生が横にいるだけで、実は演奏会よりも緊張しているかもしれません。(汗)
学生時代から植松先生にはお世話になってきましたが、モーツァルトを
教えてもらうのは今回が初めてでした。

ブロカートの良いところは、パートレッスンとは別に合奏時の演奏を
N響の先生に見て頂ける点だと思います。
セクションや個人練習だけでは分からない、オケの中で打楽器がどのように
響いているのか、バランスなどを考慮した上で、どのように叩けばよいのかを、
細々と教えて頂けるからです。

今回のモーツァルトでは、植松先生が、「パウゼの前のオケの響きが
意外と残らないね。」と感想をおっしゃられてました。
そんな時は「ティンパニも音を早めに止めないと、汚い音が残ってしまうから、
早めに止めるように」と教えて頂きました。
なるほど、どうしても楽譜の長さ通りに音をのばしがちなので、
それから音を止めると、確かにパウゼのところで打面を押さえる音が
ハッキリ聞こえてしまっていました。
また、トランペットと重なる箇所は、もう少し長めにトランペットの響きに
あわせて音をのばした方が、良いサウンドになるという点も教わりました。
トランペットと打音を合わせて、リズムを損なわないようには意識していたのですが、
音の長さについては、そこまで気が使えていませんでした。

その他にも様々なことを教えてもらい、今日はとても有意義な練習となりました。
せっかく植松先生にお越し頂いたので、3時間と言わず、もっと練習時間が
欲しいなぁと、練習が終わるときに切に感じました。

マーラーについては、打楽器はまだまだ改善の余地がたくさんあります。
あと残り一か月、演奏会に向けて練習を頑張りたいと思います。

次の日記担当はトランペットの鈴木さんです。

打楽器 尾畑
posted by brokat at 15:17| Comment(0) | 練習日記

2019年03月21日

団員の練習会日記 Vol.271-2019年2月17日

進学し、女子にモテたい一心でジャズドラムかジャズベースがやりたかった2003年の春。
勧誘されるがままに東京電機大学管弦楽部の門をくぐり、その時コントラバスを弾いていた先輩がカッコよく見えてしまったがために、クラシックなんて聞いたことも興味もなかったのに入部。
でも段々とモノになっていくうちに、すげー楽しい楽器だと分かり、いつかは、、、、! と思っていた。

そしていざ、その機会をいただいた今回の記念演奏会。

なんて理不尽な楽器を選んでしまったんだ。。
1ポジションで音が3つしか出ない。しかもハイポジションときた。
スポットライトが当たるとこんなにも難しいとは思わなかった。

今日の合奏、前半は弦管が指揮者を中心に向かい合う特殊配置。後半は本番シフト。
次の合奏まで1ヶ月空いてしまうこともあり、今日は念入り系(悪く言うとしつこい系)の練習。
でも本番まで2ヶ月を切った時点でのこの練習はパートのボロが出て良い。本番まで残された時間がない中で、何に手をつけなきゃならんのかを明確にできるから。
無論、積み上がってる課題は少なくない。

でもまぁ、おととし年末に事故って左肩を粉砕した時はどうなるかと思ったが、、うん、それにしては上々・笑

何より、ブロカートでこの機会をいただけたことに大感謝。さらには、あの日カッコよく見えてしまった先輩も同じオケで隣で弾いてくれているという巡り合わせ。


いやー絶対震えるな、本番。
…よし。ラーメン食いにいこ。
言うまでもなく、練習後のラーメンは練習でカロリー消費してるから、相殺されてゼロカロリー。

コントラバスみやがわ
posted by brokat at 08:24| Comment(0) | 練習日記