2017年12月10日

団員の練習会日記 Vol.244-2017年11月26日

11/26 の練習は、「サムソンとデリラ」のバッカナール、ローマの謝肉祭、フランクの交響曲でした。

バッカナールは、通常の倍以上もゆっくりしたテンポで、1音1音確認しながらの練習がメインでした。

通常のテンポでは、勢いに任せて演奏してしまいますが、ゆっくりしたテンポで演奏すると、リズムの甘い点や音程の悪い点がクリアになり、反省しきりです。

ひと通りゆっくりしたテンポでチェックした後、通常のテンポで演奏すると、曲の細かいニュアンスが、以前より表現できるようになったかなと思えました。

ローマの謝肉祭もゆっくりしたテンポでの音のチェックが中心です。

演奏会まであと2か月ですが、じっくり音程やリズムを合わせられるのは今しかないので、今が我慢のしどころですね。

フランクの交響曲は響きがとても魅力的な曲ですが、力任せに演奏してもお客さんには伝わらない。「自分の音をただ聴くだけでなく、自分の出す音に向き合って、音に意思を吹きこめ!」

との事で、また新しい宿題に、これから取り組んでいきます。

次回の日記担当者は、オーボエの刈込さんです。

コントラバス:門嶋
posted by brokat at 08:26| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。