2017年12月17日

団員の練習会日記 Vol.246-2017年12月10日

IMG_8183.jpg IMG_8184.jpg IMG_8185.jpg

IMG_8186.jpg IMG_8188.jpg IMG_8192.jpg

12/10の練習は、午後と夜間の練習で、それぞれ別の会場、別の先生にご指導いただきました。

午後の練習は、N響チェロ奏者の桑田歩先生にご指導いただきました。

最初に、今回のプログラムはフランスの作曲家による作品ということで、フランス物を演奏する際に「フランス語をイメージする」というお話がありました。フランス語の「発音しないスペルと独特の空気感」は音楽を演奏する際のイメージとして必要ということでした。音楽は母国語に影響を受けているというのは、過去にも聞いたことがありましたが、ラヴェルを始め、いわゆるフランス物を演奏するに当たってはそういったイメージも大切ということを再認識しました。

一方、本日の午後の練習で中心的に取り上げたのはフランクの交響曲です。先生のお話ですとフランクはフランス音楽というよりは、ドイツ音楽に近いものがあるというお話でした。

練習は1楽章から楽章順にスタートしました。
1楽章冒頭では、弦楽器の音の始まりに関して、指揮者の打点に合わせるのではなく、全員の気持ちを合わせて入ることが大切というアドバイスがあり、そのように合わせることで、自然にまとまった音の立ち上がりに変わってきました。また、1楽章に限らず楽章全体を通して、この交響曲は繰り返し部分が多いため、ダイナミクスの変化やフレーズの方向性が曖昧だと少し退屈に聞こえてしまうこともあるので、もっと表情や強弱に明確に差をつけて演奏するようにアドバイスがありました。

今日の合奏では強弱だけでなく、テンポが速くしたり遅くしたりして、ダイナミクスをきちんと表現する練習を行いました。そのように演奏することで音色も変わってきたと思います。これからはフレーズの頂点や流れを意識して演奏するように心がけたいです。最後の盛り上がる部分では「弦楽器はここで立ち上がって弾くくらいに気合を入れ直して!」
ということで、今日は実際に立ち上がる箇所を決めて(!)練習しました。

続く2楽章では幹となっている重要な声部や、終始に至る進行等について説明がありました。2楽章で現れる半音階下降進行の付点のリズムは、フランクのピアノ五重奏曲の冒頭に現れるフランクの好んだフレーズだそうです。こういった部分をなんとなく演奏するのときちんと理解した上で演奏するのでは、差が出てきますね。非常に勉強になりました。

最後の3楽章では、弦楽器の刻みが「自動車のモーター」の役割を果たすということで、それを意識するだけで全員の聞こえ方が今までと変わったのではないかと感じました。全体を通して、オーケストラで演奏する際には、他の人の音をよく聴くことや、管楽器のブレスと一緒に弦楽器はブレスをするといった基本事項についても認識が深まりました。

ちなみになんと本日12月10日はフランクと桑田先生のお誕生日なのだそうです!なんという偶然。
最後に3楽章のラストの部分を復習して、夜間練習場所へと移動となりました。

夜間練習は、吉川武典先生にご指導いただきました。

最初は、サンサーンスのバッカナール。最初に「自分の音をきちんと認識して表現しきってから次の音に移る」ということを意識しながら遅めのテンポで合わせました。また曲の終盤のフォルテの部分では、音が大きくなるだけにならず大きい音になればなるほど、豊かに広がりや奥行きをもって響く音で!というアドバイスがありました。

続くローマの謝肉祭は、後半はテンポの速い部分が多い曲ですが、この部分において一つ一つの音をしっかり見つめるということを中心に練習を行いました。テンポが速いとついつい、周りに合わせることを優先して、自分の音への意識が遠のきがちです。テンポが速くても、音をしっかり認識して表現しながら演奏することが必要ですね。

そして本日最後の練習は、ラヴェルのクープランの墓。練習開始当初はかなり手こずっていて、まだまだ難しい部分も多い曲ですが、練習を重ねることで、少しはラヴェル風の音色に近づいてきたのでは、と思います。

年内には後1回練習がありますが、年が明ければすぐに本番がやってきます。今回は練習期間が短いので、各人があらためて譜面をしっかり見つめなし、準備をする必要があるなぁと感じました。

練習後には、団の2017年忘年会が近くの中華料理屋で行われました。約30名の団員が参加し、和やかで楽しい会となりました。そういえば、1年前はは新世界とシベリウスに取り組んでいたんですね。個人的には大分昔のことのように思え、時の経つのは早いなぁ…としみじみ感じました。

次回担当は、練習日記に初担当のファゴットの足立さんです。

オーボエ 吉岡
posted by brokat at 12:10| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。