2018年04月25日

団員の練習会日記 Vol.252-2018年4月22日

本日の練習は

 ベートーベン交響曲第7番(2、4楽章)、ブラームス交響曲第3番(3、2楽章)

でした。

いつもと異なるのは、“ブロカートシフト”であったこと。吉川先生を中心に円形に並び、

各奏者の様子を見ながら合奏を行う、練習形態です。久しぶりの並びでしたが、自分は

この練習が気に入っています。それぞれの楽器が何をどの様に演奏しているかが、

これ以上ないくらいに分かり易い。新しいプログラムの初期段階には非常に有難いシステム

と思っています。

この並びでずっと「p」の音量で各楽章を通して行きます。周りの動きを理解することと、

集中力を高めることを目標としているとのこと。なるほど、音量の増減など調整しない代わりに

音型や音程への意識は回し易いことで、自分の楽器の役割を認識するのに好都合と

思いました。

1、2度楽章を通した後、音量も楽譜通り通します。

音量や「感性」みたいなものを開放できる分、「p」で気にしていた部分が崩れていることも

認識する結果でした。「p」の音量だけで一定に演奏することが最低の条件で、その上に「f」

の音が正しく、無理なく、嫌みなく乗せられるのか。。。

楽しいだけでなく、改めて課題が山積となる練習でした。

次回はホルンの岸田さんにお願いします。

トランペット 仙波
posted by brokat at 18:31| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。