2018年05月16日

団員の練習会日記 Vol.253-2018年5月10日

降り出した雨がだんだんと強くなるあいにくのお天気でしたが、
本日もブラームス交響曲第3番、ベートーヴェン交響曲第7番の練習を行いました。

前回の練習同様、吉川先生を囲んだ円形(ブロカートシフト)。
各々の表情や動きがよく見え、
各楽器と寄り添ったり、対峙したり、
自分の立ち位置を理解するのに大変役立ちます。

そしてまずは全てppで、その後譜面通りに。
ppでの演奏は、小さな声に耳を澄ますかのうように、
自然と集中力が高まり、より注意深く演奏しようという気持ちが働きますが、
同時に、普段成り行きに任せた演奏になっていることに気付かされます。

ブロカートの練習はほぼ隔週と、合わせられる機会はとても貴重です。
合奏ではいつも多くの課題が見つかり反省することだらけですが、
毎回1つでも多く良い感触を掴み、次回の練習に向けた活力にしようと必死です。

今クールの練習も1/3が過ぎようとしていますが、
どこを切り取っても美しいブラームスと、リズムがとても印象的なベートーヴェンを
ご堪能いただけるようコツコツと積み上げていきたいと思います。

次の日記担当は同じくホルンの原田さんです。

ホルン 岸田
posted by brokat at 11:28| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。