2018年07月06日

団員の練習会日記 Vol.256-2018年6月24日

今回(9/17)の演奏会は2曲とも私の大好きな作曲家の作品であり、ホルン奏者なら一度は取り組みたいであろう、とても魅力的なプログラムになっています。私自身、ブラームスの美しいソロを吹ける幸せを噛み締めつつ、そのプレッシャーと日々闘っております。

さて、今回のクールでは「pの音量で演奏する」練習に取り組んでいます。互いに周囲を聞きながら音程や旋律を確認でき、個人的には体力を温存することもできる、効率の良い練習方法だと感じています。
有名な曲だけになんとなく聞き覚えで吹いてしまいがちですが、こうしてひとつひとつの音を丁寧に、繊細な音楽を作り上げていきたいと思っています。

練習の度に、この曲では木管と金管の音色を併せ持ったホルンの特徴が生かされているとしみじみ感じます。その魅力を伝えるためにも、各楽器に溶け込みながら、ホルンらしい美しいハーモニーが奏でられるよう精進していきたいと思います。ただ音を追うだけではなく、音色や表現力を磨き、理想のブラームス3番に近づけるようこれからも練習に励んで参ります。

以上、ホルン斎藤でした。

次回はトロンボーン三浦さんです。
posted by brokat at 01:49| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。