2018年09月02日

団員の練習会日記 Vol.260-2018年8月19日

IMG_9125 (1).jpg IMG_9126 (1).jpg

前回の練習から、曲全体を通してながらの練習になってきました。ただ、まだまだアンサンブルを意識することを第一に、先ずは音量をピアノで合奏します。演奏中自分の事に集中し過ぎたり、気分が高まったりすると自然と音が大きくなってしまいます。私は、他の楽器の関わりを深く突き詰めたり演奏中の集中力を付ける練習だと思っています。そして、各場面場面出てくるメロディーのニュアンスを感じ取る為、吉川先生のトロンボーンと一緒に合わせての練習です。演奏する楽器、場面は違ってもそのメロディーの捉え方を合わせる事は大切なのだと思っています。次に、やはり和音も大切です。吉川先生は何度も「音程はハート(心)で感じて」とおっしゃっていました。いろいろと理論はあるのだと思いますが、その瞬間にどんな音楽が奏でられるかを感じ取るり想像しながら演奏する事かなと私は思っています。


さて、今日は白井先生と松田先生にも練習に参加頂きました。白井先生は、音の発音、弓の使い方や曲リードするパートなど、実際に演奏しながら指導して下さいました。そして、松田先生は私の後ろでビオラを弾いて下さり、なんだか今日は自分が上手になった気分で楽しく練習できました。ただ、本番は普段より自分の音が聞こえるので現実には負けないように本番まで後1ヶ月、練習に励みたいと思います。

次の日記担当者はVnパートの白井さんです。

ビオラ:下田
posted by brokat at 14:58| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。