2018年12月31日

団員の練習会日記 Vol.267-2018年12月23日

いよいよ今年もおしまい!
大寒波という事で寒さに震える毎日ですが、木管楽器は特にヒビ割れなんかにも気をつけねばならない季節です。

先週の日曜日は2018年最後の練習となり、モーツァルトとマーラーの二本立てでした。モーツァルトの曲は演奏者なら皆感じるかと思いますが、シンプルなものほど力量が反映される、ごまかしのきかない音楽ですね…!だからこその美しさもあると思うのですが。

対してマーラーの曲からは派手という言葉も似合うような、壮大なオーケストレーションを感じます。今回の練習では4楽章のみを全員がpで吹くという練習をしましたが、先生がおっしゃるように、繰り返すうちに確かに見えてくるものがある気がします。(管楽器吹きとしては中々につらい練習でもあるのですが、これも意味のある作業ですもの!)

ただマーラーの曲は技術的に難しいのはもちろん、すごく繊細な所で難易度の高い事を要求される、気をつかわなければいけない部分が多く感じられます。もちろん他の作曲家もそうだと思いますが、マーラーデビューの私にとってはなおそう感じるのかもしれません。

次回ブロカートの本番は記念演奏会その1という事で、あと4ヶ月間、真摯に向き合っていきたいと思います。

次回のブログは、同じくクラリネットパートの澤出さんです。

クラリネット:宝地戸(米姫)
posted by brokat at 14:53| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。