2019年02月20日

団員の練習会日記 Vol.270-2019年2月10日〜11日

練習会日記に初登板のOb 川瀬です。
今回は2/10-11に行った合宿の回になりますが、ということは練習分量がいつもより多いので日記量も多い?
とは諸般の事情なりませんのでご容赦ください。(夜のお酒で記憶が…)

しかし、ブロカートの合宿は練習量が多いですね。
弦楽器に至っては2/10AMから分奏されておりましたから、全日程に参加された方はさぞかしお疲れではないかと。
同時にブロカートは恵まれているな、と思うのは、分奏も全てトレーナーの先生に見ていただけており、
全く気は抜けないですが充実度は言うまでもなく、でした!(最後は燃料切れしましたが…)

さて、合宿日記ではないので肝心の練習内容についてふれさせていただきます。
私はマーラーのみでモーツァルトは降り番なので、マーラーのみの内容になることをご容赦ください。

恵子先生の分奏は初日夜に木管のみで1〜3楽章、2日目朝に金管も一緒に4楽章がありました。
記憶が定かでないのでTuttiとも併せて個人的に各楽章で印象的だった部分を以下に挙げてみます。

1楽章:冒頭の木管ユニゾン
 恵子先生からは「機械的に動くのではなく、少し歌の要素もあっていい」というアドバイス。吉川先生からも似たコメントもありました。
 この部分は本当に凍るような静寂の中でのフレーズであり、合わすことだけに集中してしまいがちですが、
 動きを意識することで自然描写の中に入り込め、結果として合いやすくなる?と思いましたが、結果はどうでしたっけ?
 桑田先生は「指揮に合わせるのではなく木管の中での呼吸で合わせるべし」とアドバイスありましたが、ザッツを出せる課所でもなく悩ましい…
2楽章:3拍子のリズムの取り方
 これまで意思統一できていなかった部分ですが、踊りの要素がありながらもリズムははっきり出す(特に2拍目の裏)みたいな
 アドバイスをいただき、まとまりが出てきた感があります。
 TrioのZeit lassenは難しく悩ましい… 私は冒頭のソロで吉川先生より「出だしはもっと内に秘めた感じで」と指摘いただきましたが、
 そんな引き出しないんですよね…
3楽章:音程、というか調性感
 葬送行進曲としての調性感を出すのがソロでも難しいですが、大ユニゾンで合わせるのは本当に難しい。
 吉川先生が常々「場面場面を絵的描写でとらえる」ことが大切と仰ってますが、3楽章に関わらず、全員で同じイメージを共有することが
 音程が合うことにも必要なんだと感じさせられます。
 “10代の少女の恋(でしたっけ?)”も50のおじさんが共感するのは違った意味で難易度高し。
4楽章:スタミナ
 恵子先生が分奏後、「あー疲れた!もういや!」と仰って爆笑でしたが、本当に粘着質ですね。
 山型アクセント、fp、クレッシェンドディミヌエンド… どんだけやらせるんだって感じです。
 しかし本番は間違いなく吉川先生のエネルギーとともに昇華できるものと信じております。

何を書いているのかわからなくなりましたが、吉川先生が最後に仰った「ようやく辻褄があってきましたね。」というのは、
日本語としてはあんまりよくわからなかったですが(すいません)、一筋の方向性が垣間見えた貴重な合宿であったという意味では同感です。

個人的にはマーラーは特別な思い入れがある作曲家でして、ベートーベンやモーツアルトの様な古典が“ちゃんと”吹けないと悩んでいた時に
回ってきた“復活”で、「“ちゃんと”だけが正解でないのね」と視野を広げてくれた大好きなマーラーです。
当日はみなさんと一緒にステージ上でマーラーの空気感を楽しめることを楽しみにしております!

次回はCb宮川さんにお願いいたしました。

Ob:川瀬
posted by brokat at 10:20| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。