2019年03月30日

団員の練習会日記 Vol.272-2019年3月17日

久しぶりに練習日記の当番が回ってきました。
今回の日記を担当する打楽器の尾畑です。

いよいよ、本番まで残り一か月を切りました。
本日の練習は、吉川先生のほかに、Vn.の白井先生と、打楽器の植松先生を
お招きしての練習となりました。

吉川先生が遅れて来られる関係で、モーツァルトの1楽章は白井先生に指揮をして頂き、
その後は吉川先生にバトンタッチです。

今日は前半にモーツァルト、後半にマーラーの練習を行いました。

自分はモーツァルトでティンパニを演奏するのですが、
植松先生が横にいるだけで、実は演奏会よりも緊張しているかもしれません。(汗)
学生時代から植松先生にはお世話になってきましたが、モーツァルトを
教えてもらうのは今回が初めてでした。

ブロカートの良いところは、パートレッスンとは別に合奏時の演奏を
N響の先生に見て頂ける点だと思います。
セクションや個人練習だけでは分からない、オケの中で打楽器がどのように
響いているのか、バランスなどを考慮した上で、どのように叩けばよいのかを、
細々と教えて頂けるからです。

今回のモーツァルトでは、植松先生が、「パウゼの前のオケの響きが
意外と残らないね。」と感想をおっしゃられてました。
そんな時は「ティンパニも音を早めに止めないと、汚い音が残ってしまうから、
早めに止めるように」と教えて頂きました。
なるほど、どうしても楽譜の長さ通りに音をのばしがちなので、
それから音を止めると、確かにパウゼのところで打面を押さえる音が
ハッキリ聞こえてしまっていました。
また、トランペットと重なる箇所は、もう少し長めにトランペットの響きに
あわせて音をのばした方が、良いサウンドになるという点も教わりました。
トランペットと打音を合わせて、リズムを損なわないようには意識していたのですが、
音の長さについては、そこまで気が使えていませんでした。

その他にも様々なことを教えてもらい、今日はとても有意義な練習となりました。
せっかく植松先生にお越し頂いたので、3時間と言わず、もっと練習時間が
欲しいなぁと、練習が終わるときに切に感じました。

マーラーについては、打楽器はまだまだ改善の余地がたくさんあります。
あと残り一か月、演奏会に向けて練習を頑張りたいと思います。

次の日記担当はトランペットの鈴木さんです。

打楽器 尾畑
posted by brokat at 15:17| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。