2019年06月01日

団員の練習会日記 Vol.275-2019年5月26日

ベートーヴェンの序曲そしてブラームスのVn協奏曲の初合わせでした。両曲とも、通し練習を軸に、細部の確認をしながら進められました。
ブラームスは、初合わせとは思えないほどの響きがあり、第2楽章では、特に管楽器群の和音響きや曲想の雰囲気が、既にもう醸し出されていました。とはいえ、やはり第3楽章は難しいですね。楽譜からは、旋律やリズムが停滞することなく流れ、かつ、品の良い舞踊のような軽やかさやも求められているようにも感じますが、この実現は、なかなか大変そう。とりあえず、リズム音痴な自分には、いやはや難儀な楽章です。

ところで、Vn協奏曲(1878年作曲)は、その前年に作曲された交響曲第2番と雰囲気や印象が何となく似ているように思われ、例えば第1楽章の出だしの旋律や第78小節目のリズムは、よく似ていると感じます。

Vn協奏曲作曲の翌年に初演された際のオーケストラは、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団とのことですが、このオケの現在の第1首席ティンパニ奏者の一人としてご活躍されているトムさん(Tom Greenleaves)が、練習をご覧にいらっしゃっていました。非常に感慨深いことでした。

もうひとつの曲、ベートーヴェンの序曲は「プロメテウスの創造物」の序曲で、オケの基本性能がバレてしまいそうな曲に思います。ブラームスとは違ったものが必要なようです。それでも初合わせとは思えない出来ばえだったと思います。作品番号が43番で、どことなく第1交響曲の面影や、第3交響曲「英雄」の響きもあると感じました。

では、秋の本番に向けて進んでいきたいと思います。

次回の練習日記の担当者は、Vnの多勢さんです。
2nd Vn 木村 (善)
posted by brokat at 21:04| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。