2019年08月10日

団員の練習会日記 Vol.279-2019年7月14日

今日の合奏はいつもと違い、NHK交響楽団のヴァイオリン奏者 木全先生にご指導いただきました。
曲目はベートーヴェンの序曲とブラームス ヴァイオリン協奏曲です。

一曲通して演奏して、まず一言。
「ベートーヴェンは、スビトピアノをもう少し意識して。急にフォルテは割合簡単だけど、急にピアノは意識しないと難しい」とのこと。

ピアノができたと思ったら今度は、「抜いた後に、音が死んでしまわないように」とのお言葉。
あとから録音を聴くと、確かにそのように聞こえます。指摘された後の演奏と比べると一目瞭然。音量は減ってもテンションは減らないように気を付けなければいけません。


続いて、ブラームス ヴァイオリン協奏曲の練習に移ります。

6月23日の日記でも触れられていましたが、ブラームスのヴァイオリン協奏曲はメロディがソリストとオーケストラ、オーケストラ内でもパート間で頻繁に入れ替わります。
「自分が主役なのはどこか?次はどこから誰が主役がになるか?」を意識して演奏することが大事だという事を改めて確認しました。

自分の出番が終わる時というものは、えてして「終わったぁ〜!」という感じで力が入ったり抜けすぎたりしてしまうものですが、
実は曲としては次のパートにつながっているわけで、こちらの終わり方と次のパートの入り方がきれいにつながっていないと不自然になります。
一枚の布なのに、途中に変な縫い目が入っているようなものですね。


普段と違う指導者で普段と違うスタイルでの練習は、普段とは違う視点からの指摘や発見があり、とても新鮮です。
「吉川先生と同じ事を言っているんだな」という事でも、違う表現で言われたものとセットで考えることで、より曲への理解が深まるように思います。

なお合奏とは直接関係ありませんが、実はこの翌日が今回のソリスト、白井先生の指導によるパート練習でした。
そういうタイミングでヴァイオリン奏者による指導を受けられたのは、ヴァイオリンパートにとってはちょうど良いタイミングでした。


次回の日記担当はVa.の鈴木さんです、宜しくお願いします。

Vn.田中丸
posted by brokat at 21:39| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。